真鍮製の鋳物を最高級の本消しめっき加工


gyoumu3-0

古より長い歳月を要して伝承された美と技の結晶をどのように表現すれば良いのか?
私たちに与えられた使命は本当に重要です。
色・艶・風合いそして手触り。京仏具という逸品に命を吹き込む作業は洗練された知識と技術を必要とします。

写真は京都の真鍮製鋳物であり、手彫りにより作成された香炉・花立・火立です。本消めっきという艶を抑えた最高級の本消しめっきをした逸品です。「本消しめっき」とは、めっき液そのものがツヤ消しの色目になっているもので、金めっきした後にツヤを消すためのニスをかける「ニス消し」にはない深い味わいが特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. saiyou_pr1

    2014-12-17

    髙木金属ってどんな会社なの?

    髙木金属株式会社では、「現代の名工」を受賞した高い技術力にも奢る事無く、お客様からのどんな試…

おすすめ記事

  1. gyoumu1-2
    京都の伝統工芸の技術は形を変えて、京都の産業の礎となりました。そのため京都は、最先端の技術と…
  2. gyoumu3
    古より長い歳月を要して伝承された美と技の結晶をどのように表現すれば良いのか? 私たちに与え…
  3. jirei1
    金めっき、銀めっき、ニッケルめっき、ロジウムめっき、錫めっきなど、素材と用途に適しためっき加…

話題をチェック!

  1. tag_img
    出展のご案内です! 『第22回 東京 機械要素技術展』今回は(公財)京都産業21との共同出展です!…
  2. 180402
    出展のご案内です! 『めっきでつながる、未来予想図』 めっきラボTakagiでは数量に関わらず、…
  3. kyoto
    出展のご案内です! 『金色に光るテクノロジーでワクワク・ドキドキの未来を創造する』 20色のめっ…
ページ上部へ戻る